介護職が自宅学習するなら過去問!

現在介護の仕事をしていて介護福祉士の資格を取得するには、筆記試験を合格しなくてはなりません。おもな受験勉強の方法としては資格学校に通って講師から教わる方法と、自分でテキストをこなしていく方法があります。資格学校に通えばより質のいい勉強ができるのは当然ですが、けっこう高額なお金がかかってしまいますね。そこであまりお金をかけずに自宅で効率的にできる勉強方法を紹介します。

ちなみにお金がかかるのは構わないけどなかなか決まった時間に勉強できないという場合は、通信講座がおすすめです。詳しくはこちらをご覧ください⇒http://correspondence-course.net

合格するための一番の方法は、とにかく過去問を徹底的にこなすという方法です。過去問を解いて、間違った場所に関して詳しく解説を読んだり、問題文のなかで意味が分からない単語が出てきたらその都度調べるといいです。そうすることによって、少しずつですが着実に知識が身についていきます。たくさんの過去問をこなすことは当然必要として、一度やった過去問も、繰り返しチャレンジしましょう。一回目と二回目の自分の正解率や間違ってしまった問題を見比べることで、自分にどんな知識が足りないのか見えてきます。間違いが多い分野は苦手としている分野であるため、その分野の問題を中心に解き苦手克服に取り組みましょう。

過去問を繰り返しこなすことによって、知識が定着するだけでなくて、本番のテスト形式に慣れることもできます。本番のテストに慣れる為には、自宅で過去問を解くだけでなく、模擬試験にも挑戦するといいです。試験の雰囲気に慣れることで、本番に雰囲気に呑まれて実力を発揮できないことや、ケアレスミスをしてしまうことを防ぐことができます。